2007年 12月 01日

(ToT)

FAの黒田、大リーグ移籍表明=広島から初めて、移籍先は未定-プロ野球

広島からフリーエージェント(FA)宣言した黒田博樹投手(32)が30日、米大リーグに移籍する意思を表明した。広島の球団事務所で松田元オーナーらと会談した後、「球団にメジャーに挑戦する意向を伝えさせてもらった。きのう(29日)決断した」と語った。同投手には複数の米球団が獲得に名乗りを上げており、広島から移籍の日本人選手で初の大リーガーが誕生しそうだ。
 黒田は昨季、FA権を取得したが、権利を行使せず残留。その際、米国移籍の意思を固めた場合は球団が支援するという条件が付けられた。今年はFA宣言し、来季の進路を大リーグ移籍か広島残留かに絞っていた。
 黒田は28日に米代理人と広島市内で会談し、米国の複数球団から条件提示があったと報告を受けたが、球団名や金額は明らかにしていない。移籍先についてはこの日も「進展はない。28日から変わったことはない」と再び明言を避けた。
 黒田は既にマリナーズ首脳らと接触。米紙の報道などによると、ダイヤモンドバックスが条件提示したほか、ドジャース、レンジャーズなども関心を示しており、米球団と契約を結べば年俸1000万ドル(約11億円)に達するとの見方もある。


だそうでございます。
覚悟してはいましたが、心のどこかで残留への期待もあっただけにやっぱりショックですね。
でも、カープ初の大リーガーとして松坂以上の活躍を期待しております。
[PR]

by mushroomcurry | 2007-12-01 00:56


<< PPP定例会      200だった! >>