2006年 06月 13日

日本-オーストラリア戦

負けちゃいましたね。
基本的に前半からずっとちぐはぐな攻撃だなぁって思って見ていましたけど、奪った点数は中村の1点のみ。しかも、ちょっと棚ぼた的な1点ですから寂しかったですね。
ちぐはぐなのは攻撃陣だけじゃなく、守備側もなんだか動きが悪かったです。

中澤のファールを起点に1点取られた時は、もう後半39分って事もあって、焦っちゃったんでしょうか。もの凄く浮き足立って見えたのは私だけじゃないと思います。
あれよあれよと3点取られて、厳しいかもしれませんが良くこれでワールドカップ出れたなぁといった内容になってしまいましたね。
にしても、最後の最後に点を取られる事が非常に多いような感じがしますが何でなんでしょうね。あと5分で取られちゃいけないって言うのがプレッシャーになるのでしょうか、非常にもったいないです。

残りはクロアチア戦と、ブラジル戦。この2つ勝たないと本戦行けませんよ!こうなったらこの試合はずっぱりと忘れて2勝1敗で行って欲しいと思います!!





もしかして、日本はオーストラリアをなめてましたかね・・・^^;
勿論なめてはいないと思いますけど、心の奥底に"相手は格下"っていうのがわずかでもあったんじゃないかと・・・

日本は格下には苦戦し、上位には善戦する傾向がありますよね。
ドイツ戦では今回と同じように最後に失点しましたけど、いい戦いをしたし、格下のマルタ相手には苦戦したし^^;

クロアチアもブラジルも明らかに強豪です。
強豪相手には実力以上のものを発揮する日本代表に期待しましょう^^

PS 上の文章には顔文字入れなかったんですけど、きつい文章に見えますねぇ^^;
[PR]

by mushroomcurry | 2006-06-13 00:15


<< 『勇者バトン』      熱血部屋だけどベリハ(・∀・) >>