「ほっ」と。キャンペーン
2014年 09月 27日

PSVitaを修理に出す

職場の仲間達に手伝ってもらって、ようやくフリーダムウォーズをクリアしました。
いやはや、最後は難しくて私にはソロプレイでのクリアは出来なかったかもしれませんね^^;

と言うわけで、実はそのフリーダムウォーズをプレイしていると視点が左に緩やかに旋回し、更に上に移動する現象がたびたび発生していたんです。
まぁ、右スティックがニュートラル状態で左上に入力されている状態だったんですね。
で、視点を左に動かすと早く動くし、右に動かすと緩やかに動くという何ともならない状態だったわけです。
勿論視点も上向いちゃうのでプレイなんてままなりません。
毎回その症状が出るわけではないのですが、出始めると現象の強弱はあるもののずっと出るんですね。
これがなかなか厳しいんで、PSVitaの保証期間(2013年10月10日購入)が切れる前にSCEに修理に出しす事にしました。

まずは、PSVitaの不具合に関するページからチャットで相談を選びます。

ここで、現在の症状を伝えると、向こうからはその症状に関する対応方法を教えてくれます。ただ、今回は対応手段はありませんとの事でしたので、SCEにPSVita本体を送る事になりました。
PSVitaには個人情報も入っていますので、結局メモリカードもフォーマットして送っております。てか、そうやって送るように書いてあります。勿論、不具合の症状を記載した紙を同封してあります。
本体を送ったのが先週の日曜日(9/21)の午前中。web上で本体を送る手続きをするときに選べるのですが、私の場合、本体を取りに来てもらっています。
そして、PSVitaの修理が終わって戻ってきたのが火曜日(9/23)の朝8:30です。
何とも早い!
同封の紙には「症状を確認しました」「右スティックを交換しました」と言った事が書いてありましたけど、本当に確認したのかなぁ^^;
まぁ、新品に交換した方が早いんでしょうけどね。

とにもかくにも、おかげさまで右スティックの症状も治り、修理費用も無料(送料も無料です)ですっきりしました。

で、実はデータをメモリに戻すのが一番大変な作業だと戻ってきてから気づきました^^;
[PR]

by mushroomcurry | 2014-09-27 20:07 | 日記


<< ドラフト      iPhone6発表 >>