2011年 03月 14日

東日本大震災(名前が良く判らん^^;)

一つ前の記事に沢山のコメントをいただいてありがとうございます。
結果から先に書きますと、なんとか無事生きております。
と言う訳で、せっかく生きて帰ってきたんだし、かいつまんで今回の地震での経験を書きます。



この日は私は、とあるユーザーさん依頼の分析を行なう為に事前の打ち合わせに出向いていたんですが、それから帰ってきたところでした。
本当に車で到着したばかりのほやほやで、地震は止めた車の中で体験しました。
それはもう激しく、そして長い揺れでした。おおよそ、2分~3分揺れてました(携帯電話の時計で確認してた)
事務所の中は危険な状態らしくみんな外に出てました。
そして、大津波警報発令と言うことで、うちの会社の2つ隣の会社が指定の避難場所になっているのでそこに移動します。
地震の後に、みんな集まって点呼をとって、災害時の移動場所を確認して(最初行き先がどこになっているのか判らなかった)避難場所に移動し終わるのに、40分位かかったと思います。
そして、地震から1時間後(避難してから20分後に津波がやってきました。
b0064444_0375699.jpg

写真の奥の方、白い石油タンクの向こうから津波がやってくるのが判ります。


b0064444_0384529.jpg

更に津波の写真です。
もの凄い勢いで建物、車等を飲み込んでいきます。
ローリーのような大きいものだって木の葉のように持って行かれるので恐ろしいです。
やっぱり普通の波とは違います。
写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、実際に目で見るとそれはそれは恐ろしいものです。
一つ前の写真に写っているタンクも津波で一つ転がってしまいましたし・・・

集合とか、異動先の確認とか、もうちょっともたもたしていたら、飲み込まれていたかもしれません。

そして、避難先での夜が始まりました。
うちの会社も、避難先の会社も道路を挟んですぐ隣に東北石油があるのですが、その東北石油で夜になって火災が発生します。
b0064444_0413922.jpg

これがまた激しく燃え上がります。
そして、その爆発音とか、振動とかがもろに伝わってきて怖いのなんのって・・・・
しかも、火災と避難場所の間には石油タンクがあるので、それに引火した時のことを考えると目眩どころじゃありませんでした。

実際、一回みんな(周辺の会社の人がここに避難している)で下まで降りていったんですが、まだ津波で上がった水位が胸近くまで来ると言うことであまりのリスクの高さに上の階に戻ったんです。
建物の入り口は津波が持ってきた車で塞がれてるし、水は相当冷たいし(気温は既に氷点下だった)、停電で
街灯なんてないし、出て行って助かるとはとても思えなかったんです。
火災が広がらないことに期待するしかなかったんです。

実際、結果的には火災は収まる方向に行きました(東北石油の人達が頑張ったんだと思います)。
そして、長い夜が明けていきました。


b0064444_05225100.jpg

夜から燃えてる東北石油。
b0064444_0511240.jpg

朝にはこんな感じ。
写真の左側が夜から燃えていた東北石油。
そして右側に新たに火災箇所がΣ( ̄□ ̄;)

この新たに燃えてるのはプロパン屋。
しかも、ずっと近い場所。そして、これまた激しい爆発音が聞こえてきます。
本当は自衛隊の救援を待っていたんですが、そんなの待っていられなくなってきました。
各社の代表が集まり、自力脱出をはかるために数人の下見部隊を選抜します。
その人達の情報をもとに脱出するか決めるのです。

索敵の結果、西側のルートを通ればなんとか膝上までぬれるだけで脱出出来ると判明。
子供連れの人達もいますから、安全にゆっくり、でも急いで移動します。
b0064444_0575894.jpg

もうしっちゃかめっちゃかです。
b0064444_058102.jpg

写真の川に見えるところ、実は道路だったりします。
b0064444_059910.jpg

うちの会社の敷地内です。
倉庫に車が入ってしまっています。
b0064444_10275.jpg

建物も崩壊。
とにかく、一面ヘドロの海で最悪です。
b0064444_112449.jpg

うちの会社の事務所の中。
全部津波でやられました。
もうね、絶望感通り越しますね、これは。
b0064444_121499.jpg

うちの事務所の入り口。
激しく割れてます。
b0064444_125465.jpg

敷地内の建物。崩壊してますね。
b0064444_133312.jpg

車がもの凄い格好で折り重なっています。
ちなみに、左側の車はランドクルーザーです。
津波の恐ろしさが判ります。
b0064444_145525.jpg

自衛隊多賀城駐屯地の前。
ボロボロですが、とりあえず、この駐屯地に自力で逃げ込む事が出来ました。

疲れました。続きは、また明日にします。
まだまだ余震が続いてますが、皆さんも、本当に気をつけてください。
[PR]

by mushroomcurry | 2011-03-14 01:06 | 日記


<< 東日本大震災の続き      卒業オフ会 >>