超希望的観測

colosseum.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 10日

アレルギー性鼻炎

ビオフェルミン製薬、ビフィズス菌と天然植物エキスの配合がアレルギー性鼻炎に強い効果を示すことを発見

私もアレルギー性鼻炎だったりするので期待して待つことにします(・∀・)






ビオフェルミン製薬、ビフィズス菌と天然植物エキスの配合がアレルギー性鼻炎に強い効果を示すことを発見

ビフィズス菌と天然植物エキスの配合がアレルギー性鼻炎に極めて強い効果
京都薬科大との共同研究成果を「日本農芸化学会」で発表



 ビオフェルミン製薬株式会社(本社:神戸市長田区、社長:藤本孝明)は、京都薬科大学・薬理学分野の奈邉 健准教授との共同研究で、ビフィズス菌(Bifidobacterium bifidum F1000株)と3種の天然植物エキス(甜茶(てんちゃ)、シソの実、グァバ葉)の配合が、アレルギー性鼻炎モデルにおける鼻閉に対して1回の投与で軽減作用を示し、さらに継続投与することにより、ステロイド剤の効果に迫るほどの極めて強い効果を示すことを発見しました。また、継続投与することによりアレルギー体質の改善効果も確認されました。
 本結果は、本年3月27日~30日に東京にて開催される「日本農芸化学会2010年度(平成22年度) 大会」にて発表する予定です。

 花粉、ハウスダスト等の様々なアレルゲンによって引き起こされるアレルギー性鼻炎は、鼻粘膜のI型アレルギー疾患であり、現在日本の人口の約20%以上が罹患していると考えられています。また、発症が若年化していると共に、自然治癒が少ないため患者数が増加しており、国民的な健康問題の一つとなっています。代表的な症状として発作型反復性のくしゃみ、鼻みず、鼻づまり(鼻閉)があげられ、特に鼻閉は患者のクオリティー・オブ・ライフ(QOL)を著しく低下させると言われています。これらの症状に対しては対症療法剤として抗ヒスタミン剤やステロイド剤などの投与が行われていますが、その作用は一過性であり病態の根源を治療するものではなく、副作用等も懸念されます。こうした背景から、アレルギー性鼻炎の病態の根源に作用を及ぼし、かつ長期間症状を抑え、しかも安全である治療薬が切望されています。

 当社では数年来、乳酸菌のアレルギーに対する効果を検討しており、最近ではビフィズス菌がアレルギー性鼻炎における症状を軽減することを確認し、作用機序の一部を解明しています。しかしながら、アレルギー性鼻炎に対する効果発現には比較的長期間の服用を要することが明らかとなっています。
 この課題を解決すべく当社では、即効性の効果が期待でき、なおかつアレルギー体質の改善効果を発揮する製品開発を企図し、ビフィズス菌に新たな成分を加えることにより、アレルギー性鼻炎、さらにはアレルギー全般に対して、即効性の効果も期待できる有効成分の検討を行ってまいりました。

 そこで今回、当社が種々研究を重ねた結果、ビフィズス菌(Bifidobacterium bifidum F1000株)に甜茶、シソの実、グァバ葉の3種の天然植物エキスの配合を考案し、その効果を京都薬科大学・薬理学分野との共同研究、すなわち、ヒトの病態を良好に反映する動物モデルを用いて検討を行いました。
 今回使用した動物モデルは、京都薬科大学・薬理学分野において開発されたもので、スギ花粉を反復吸入させることにより、ヒトと同様、即時性および遅発性の鼻閉、すなわち2相性の鼻閉が認められます。また、花粉吸入を繰り返すことにより、症状が慢性および重症化することが報告されているヒトのアレルギー性鼻炎の病態を良好に反映するアレルギー性鼻炎モデルです。

 上記の動物モデルに本品を1回投与すると、即時性の鼻閉を約60%、遅発性の鼻閉を約40%抑制する即効性の効果が確認されました(図1)。さらに、1ヶ月間投与を継続すると、即時性の鼻閉は1回投与とほぼ同程度の効果でありましたが、遅発性の鼻閉については完全に抑制し、その効果は本モデルでこれまで得られている情報と比較すると、最も効果の高いステロイド剤の効果に匹敵するほどのものでありました(図2)。それに加えて、1ヶ月投与後の血液中のIgE抗体(アレルゲンが体に侵入すると出来る抗体)値も強く抑制しており、アレルギー体質の改善にも効果を発揮することを確認しました(図3)。

 現在、当社では本品の有効成分、作用機序に関する検討を行うとともに、他のアレルギー疾患に対する効果についても検討を行っています。
 ビオフェルミン製薬株式会社では、この研究成果をもとに今後もお客様に新たな価値を提案できる製品づくりにつなげていきたいと願っています。



以上

[PR]

by mushroomcurry | 2010-03-10 23:59 | ニュース


<< これで満足出来るのだろうか?      コントロールを下げてみた >>